オーストラリア☆女子留学ブログ

オーストラリアで経験したことを赤裸々に綴ります。。

語学学校(一般英語コース)

語学学校初日、レベル分けのテストが行われる。朝8時20分までに学校に到着しないといけないんだけど、ホームステイ先がバスで1時間くらいのところだったのと、同居人のコロンビア人の男の子と約束して一緒の時間に家を出たのが裏目に出て(7時に家でる約束だったのにそのころまだ歯磨きしてたwイライラする私w)、かなりぎりぎりの時間に着いたけど、なんとか遅刻せずに到着できた!!!

月曜が新入生受け入れの日で、着いたら金髪の同い年くらいの女の子が先にレベルチェックのテスト受けてた。日本でずっと英語勉強してたから、pre-advancedには入りたい!!と思って、真剣に取り組んだよ~~~ちなみにテストの内容は、文法とスピーキングだけだった(気がする・・・)

スピーキングは普通に緊張して、先生にも「緊張してるでしょ」って言われたwけど、結果は個人的になかなかの出来だったと思う。テストが終わったらしばらく時間があったので、金髪の女の子に話しかけてみた!

ブラジル出身で、彼氏と一緒にオーストラリアに来たとのこと。気さくできれいで、私が好きな女優さん(新ビバリーヒルズにでてる、アナリン・マッコード)に似てる!シェアハウスの探し方とかいろいろ教えてくれて、しかも英語も上手で楽しい時間だった♡

そしてテストの結果は、念願のpre-advanced!!!(もらったテキストにUpper-intermidiatedって書いてあってめっちゃがっかりしてたら、テキストだけだったみたいで、クラス自体のレベルはpre-advancedだった^^)

授業は、初日の午後からスタートしてもいいし、明日から来てもいいって言われたけど、一時も無駄にしたくなかったので、午後からクラスに参加することに。

ドキドキしながらクラスに向かったところ、テーブルが4こあって、すでにクラスメートがそろってた。一番手前のテーブルに座ったところ、チリ人と日本人とラオスの女の子がいた。チリ人がとても親切で昨日どこまで勉強したとか丁寧に教えてくれた^^

女の子はもう仲良しっぽくてすぐには入り込めなかったのと、なかなかみんなが何言ってるかわからなかったwww日本で勉強してた頃はアメリカの流暢なアクセントばかり聞いてから、なまりのある各国の英語を聞くのってなかなか大変~~~><