オーストラリア☆女子留学ブログ

オーストラリアで経験したことを赤裸々に綴ります。。

新しい留学生が家にやってくる

ホストファミリーの家に滞在して1週間。一緒に住んでいたコロンビア出身の男の子が家を出て行った。とてもフレンドリーで楽しい性格だったので、さみしい。

その後、しばらく家にいる学生は私だけだったけど、さらにその1週間後に新しい学生さんがやってきた。日本人の男の人で、看護士をしているそう。

やっぱり英語を勉強しにきたからには、英語を話したい気持ちもあったけど、オーストラリアにきてから日本語を話す機会がほとんどなかったので家での日本語の会話はよい息抜きになった気がする。それと同時に日本語だとこんなに自分の語彙力というか単語のレパートリーがあることに驚いた。英語だと、大体同じような言い回しになったり、表現もどうしても稚拙な単語になってしまうから。

それでもやっぱり家での英会話は必要だったので、夕食前にホストマザーが食事を作っている間は周りをちょろちょろしてその日あったことをできるだけ話すようにした。あとは気づいたときに床を掃いたり、何か手伝えることないか聞いてできるだけ近い関係を築くように常に心掛けた。

ホストファミリーはもう10年も留学生を受け入れているから、対応は慣れっこだと思うけど、留学生からしたら、唯一のホストファミリーなのでできるだけ仲良くなりたい思うのが本心。ホストファザーはあまりしゃべらないけど、時々気にかけてくれる。息子はあまり留学生と関わりたくないのか、あまり話さないし、挨拶もしない。もちろんこちらからは挨拶するけど、それ以上の会話は残念ながらあまりなかった。