オーストラリア☆女子留学ブログ

オーストラリアで経験したことを赤裸々に綴ります。。

ホームステイ情報がくる

語学学校とコースが無事決まってあとは出発を待つ日々に。

 渡豪後の最初の1カ月は、ホームステイをすることに決めた。20代後半にもなって知らない人達と暮らすってなかなかチャレンジングだけど、アパート探しの前にほとんどの人がホームステイをしているらしいので、例にもれず私も、、

 ちなみに何カ月前に申し込みしてるにも関わらず、ホームステイ情報がくるのって出発の1週間くらい前。私の場合は書類がそろわずゴタゴタがあり、情報が届いたのが結局出発の3日前。昔クイーンズランドのサンシャインコーストに短期留学したころにはもう少し前にホームステイ情報がきたような気がするが、学校経由の申し込みだったので、少し勝手が違ったのかもしれない。そしてその時のホストファミリーがとっても優しいOZのおじいちゃん&おばあちゃんだったため、私の中で既にハードルが上がっていた。ただ、今回のホームステイはシドニーなので、移民の可能性が高いということも考慮に入れていたが、決まったホームステイ先が、

 

ケニア人。

 やはりシドニー。都会だけあって多国性◎。出身はもちろんどこでもかまわないけれど、ケニアはさすがに私の中の情報がなさすぎて焦った。全く文化がわからない。とりあえず足が速い、、くらいの知識しか持ち合わせていなかったため、出発前日あたりに急いでとりあえずネットでケニアの食文化だけ調べてみた。

wwj.world

 

 残念ながらおいしそうには見えなかったけど、もういい大人なので何が出てきてもちゃんと食べようと意気込んでおきました。